保健事業のご案内
保健事業一覧

●保健指導宣伝

1.機関誌「健保だより」の発行

事業計画、予算決算、事業報告、健康づくり、疾病予防事業及び健康保険制度の内容等を周知するため全被保険者に配布する。

・全被保険者

4月、7月
10月、1月

2.冊子の配布

・社会保険の知識

新規加入者に対し健康保険制度の周知を図るため配布する。

・新規加入者

通年

3.月刊誌の配布

・赤ちゃんとママ

第1子扶養被保険者に配布する。

・第1子扶養被保険者

毎月

・1.2.3歳

第1子扶養被保険者に第1子が3歳になるまで配布する。

・第1子扶養被保険者

季刊

・小児科入門

第1子扶養被保険者に配布する。

・第1子扶養被保険者

通年

4.健康優良者の表彰

対象とする期間(連続3年、5年、以降5年毎)に、医療機関等を受診しなかった被保険者。

・全保険者

8月

5.医療費通知の実施

医療費のコスト意識の高揚を図るため本人及び家族の受診状況ついて年3回被保険者に通知する。

・被保険者

7月、11月
3月

●疾病予防

1.人間ドック・一般健診

30歳以上の被保険者及び被扶養配偶者を対象とし、生活習慣病等の早期発見と早期治療をはかるため次のドック等を実施する。(任継・健診実施日時点で資格喪失が決まっている者を除く)

・一泊ドック(本人負担金 25,000円)

・40歳以上の被保険者

4月〜9月

・日帰りドック(本人負担金 12,000円)

・30歳以上の被保険者及び被扶養配偶者

・一般健診(本人負担金  5,000円)

・同上

・巡回健診(本人負担金  5,000円)

・30歳以上の女性限定

・脳ドック(本人負担金 15,000円)
 (補助は3年に1回です)

・35歳以上の被保険者及び被扶養配偶者

2.保健師による保健指導

人間ドック等の健診結果によりメタポリックシンドローム有病者及び予備軍等を選定し、個別面接により保健指導を行う。
・当組合の保健師による保健指導

・メタポリックシンドローム等有病者及び予備軍

通年

3.生活習慣病対策

肥満及び禁煙対策を実施し、生活習慣病の予防を図る。

・肥満対策

減量チャレンジを実施し肥満者の減少を図る。

・標準体重を超過している被保険者及び被扶養配偶者

11月〜1月

・禁煙対策

禁煙チャレンジを実施し喫煙者の減少を図る。

・喫煙被保険者及び被扶養配偶者

5月〜6月、11月〜12月

・健康講座補助

事業所が健康講座を開催しときに講師謝金等を補助し、健康意識の高揚を図る

・被保険者

通年

・マラソン・ウォ―キング大会参加費補助

マラソン・ウォーキング大会に参加した場合に参加費の一部(年間5000円を限度)を補助する。

・被保険者及び被扶養配偶者

通年

・スポーツクラブ・スイミングスク―ル利用料補助

スポーツクラブ・スイミングスクールを利用した場合に利用料の一部(年間10000円を限度)を補助する。

・被保険者及び被扶養配偶者

通年

4.電話健康相談

業者委託により次の電話健康相談を実施する。

・一般健康相談

疾病予防のための電話健康相談を24時間において実施する。

・被保険者及び被扶養者

通年

・心の健康相談

メンタルヘルス対策のための電話及び面談による 健康相談を実施する。

・同上

通年

5.インフルエンザ予防接種補助

インフルエンザ発症予防のため予防接種者にその費用の一部(2,000円)を補助する。

・被保険者及び被扶養者

11月〜12月

6.常備薬等の斡旋

疾病予防薬・常備薬等を斡旋する。
・かぜ薬、歯磨き用品、その他常備薬等

・被保険者

10月

●貸付金

1.高額医療費貸付

高額医療費を受けることが見込まれる被保険者に、給付金が支給されるまでの間、療養費を貸付ける。

・被保険者

通年

2.出産費貸付

出産育児一時金を受けることが見込まれる被保険者に、給付金が支給されるまでの間、出産費を貸付ける。

・被保険者

通年

Page Top