保健事業のご案内
データヘルス計画とは?

 平成25年6月に閣議決定された「日本再興戦略」において、「国民の健康寿命の延伸」が重要施策として掲げられています。その実現のための方法を具体化したもののひとつが、「データヘルス計画」です。
 「データヘルス計画」は、加入者の健康保持増進のため、保険者(健康保険組合)がレセプト(診療報酬明細書)や健診結果データを分析・活用して、保健事業を計画・実施するもので、PDCAサイクルを展開させることにより、効率的、効果的な保健事業を実施することをめざしています。
 すべての健康保険組合は平成27年度からの実施を国から求められています。

PDCAサイクル

現在はデータヘルス計画第2期(平成30年度〜令和5年度)を実施しています。

第2期データヘルス計画

Page Top